2017年11月14日火曜日

【震災文学】東日本大震災の被災者が避難生活の6年を振り返る自伝的小説を書いたのだがどこに持って行って良いかわからないので募集します。【震災後文学】

という訳で、タイトルの通りです(笑)

東日本大震災から6年が経ち、追いかけていた事件もある程度の区切りを見せたことから、自分自身、震災後の6年とは何だったのかを振り返り、理解し、そして後世の為に記したいと思い、小説を執筆しました。

小説の執筆は初めてでしたが、約5ヶ月をかけ、約12万文字、原稿用紙約380枚の作品が完成しました。

それで、本当は今すぐ出版して、皆に読んでもらいたい所なのですが、

出版業界のルールが全くわからない

ので困っております(笑)

とりあえず、以前、別な内容の物を本にしたいと思い、色々と出版社を当たったものの、どこにも相手にされなかったという経緯があり、無名の者が幾ら本を出したいと言っても難しい。仮に出版出来たとしても、それは、自費出版を勧められ、金だけ取られて全く人に読まれないパターンだろうと思いました。そこでどうしたら良いかという話です。

それで手っ取り早いのは、何か文学賞で賞を取ることだと思い(笑)、色々と調査。
結果、まず、文学賞には純文学の賞と大衆文学(エンターテインメント作品)の賞があるという事が分かりました。
それで、自分の作品はどちらかと言うと、、、判定が難しい(笑)
震災後の6年を描き、人間の内面も描いた作品ですから、純文学ですよね?でも、、、その6年の間に、ある事件があり、それを追ったりしていて、それがサスペンス物っぽくもあるのです(笑)
それでどっちかなーと考えていたんですが、やっぱりこれは純文学だろうという結論に居たり、そちらの文学賞を調べ始めました。

それで、純文学の新人賞には

文學界新人賞
群像新人文学賞
文藝賞
すばる文学賞
新潮新人賞

の5つがあるということで調査。
しかし、、、

380枚の作品を受け付けてくれるのは文藝賞しか無い!

という訳で、文藝賞に応募しました。
締切は2018年3月末。発表は9月頃です。

気長に待ちましょう。

しかしです。

受賞すれば良いけど、受賞しなかったらどうするの?

と思い、今回のブログで呼びかける事にしました。

来年の9月まで待って、落選してまた一から動いたのでは旬を逃してしまいますからね。

という訳で、出版関係者の皆様。
私の作品を読んでみたいという方が居られましたらご連絡ください。

2017年11月2日木曜日

UUUMネットワークに加入したけど速攻で辞めた話

先日、UUUMネットワークに加入してみました。

以前、募集があった時に申請した際は通らなかったのですが、その後いくつか動画を投稿し、チャンネル登録者100人、再生数5万ぐらいになっていたので、再度、申請してみたら通りました。

ネットワークに所属すれば、仲間ができて、UUUMネットワークの肩書きで活動できて、無料の素材も使えて、オファーも来る。良い事づくめだと思いました。

しかし、TwitterでUUUM関係者をフォローしてもほとんど帰ってこず、連絡をくれる人も「僕のチャンネル登録してください!」というものばかり。ネットワーク同士でも「仲間」というより「養分」という感じなんですね(^_^;)

それで、気になってたJoysoundのカラオケ音源も見てみたのですが、全然曲数が少ない!
これじゃあ加入した意味ないじゃん。って感じでしたね。

イベントやタイアップオファーも若い女性配信者募集ばっかりだし。

それでもUUUMネットワークの肩書が使えるなら細々とやっていこうかな?と思ったのですが、また問題が。

今まで著作権者と折半で収益化されていた動画が収益化されていない!

例えばこれ
今まで著作権者と折半になっていたのに、それがなくなっています。

それで、UUUMに問い合わせたのですが
「UUUMのせいではございません」
の一点張り!

それで、何回かやり取りしたのですが、認めないので、
「じゃあUUUMネットワーク抜けて元に戻るか確かめる!」
と言ったら、通常の退会の説明。

いやいや、俺が身を挺して自分の正当性を証明しようとしているのにその態度?と思いましたが。

しかし、兎に角、これまで収益化されていたものが、そうでなくなったのが耐えられず、退会。

結果

「収益化されてるじゃん!戻ってるじゃん!俺が正しかったじゃん!」

それでUUUMに「俺が正しかったよね?」とメールしたのに返事なし。感じ悪い。

こういう嘘ついたり、非を認めない奴大嫌い。

という訳で、さよならUUUMネットワーク。

あ、よかったら動画見てください笑

※追記
その後、UUUMから返事が来たんですが、「個人であれば収益化される動画もあります」だって。最初からそう言ってんじゃん!(#・∀・)

2017年10月26日木曜日

やはり映画「ニート選挙」は主権者教育に最適の映画だと思う。

18才選挙権が実現され、盛んに「主権者教育」の必要性が叫ばれるようになった。
国は、指導要綱を定めたり、冊子を製作、配布するなどし、全国の高校が教育に当たる訳だが、初めての事なので、現場は手探り。そんなニュースが流れた。

その後、暫くして、国は、主権者教育アドバイザーの派遣を始めた。
アドバイザーは、各都道府県の推薦などにより、国が認定、委嘱し、全国各地の教育機関等に派遣されるという。
メンバーには、若者の投票率向上運動に努めてきたNPOや、選挙に詳しい大学教授などが居るようだ。

他には、お笑い芸人が、笑いを通した主権者教育授業を行ったりしているようである。

2017年10月21日土曜日

福山芳樹ライブ in がたふぇすVol.8 最高だった!

福山芳樹ライブinがたふぇすVol.8最高だった!
20年以上前の作品なのに、当時の歌バサラが変わらずに目の前に居ました。超感動。

リハーサルではマクロス7から
「突撃ラブハート」
「Planet Dance」
を歌ってくれました。

この時点で感動だったんだけど、ライブ本番では
「真っ赤な誓い」
「キングゲイナー・オーバー!」
でしょっぱなから盛り上がり。

マクロス7の歌では、リハーサル曲に加え
「Remember 16」
そして最後は
「Dynamite Explosion!」
で超盛り上がりました!

いやー本当に素晴らしかった。
感動をありがとう。

・リハーサル風景
https://www.youtube.com/watch?v=KsjAWBP3-BE

2017年10月12日木曜日

新潟市本町で安倍晋三内閣総理大臣を見てきました。

新潟市本町に安倍総理が来るというので見てきました。

すごい人ごみで近くで見れるかな?と思ってたのですが、発見して先回りしたら握手出来ました。いい人ですね。


動画もアップしたのでよかったら見てください(^_^)

安倍晋三内閣総理大臣に映画「ニート選挙」を宣伝してみた!?

2017年10月9日月曜日

シンガーソングライター萩野あさみ(通称:あさみん)新潟駅南ライブへ行ってきました。

Showroomで知り合ったシンガーソングライター萩野あさみちゃんの新潟駅南プチライブに行ってきました。

ネットでやり取りしてた人と会えると嬉しい笑

サインももらいました。カワイイ(^_^)

せっかくなんで僕はビデオを撮りました。
後ろを行く人の顔がちょうど切れる絶妙なカメラアングル。
我ながら素晴らしい笑
https://www.youtube.com/watch?v=eJ3IrM2WXmk
https://www.youtube.com/watch?v=g7iSsepxDZA
https://www.youtube.com/watch?v=5mywnHrcrI8

若い才能を応援するのは楽しい。

軽いビデオぐらいは撮りますのでお気軽にお問い合わせを。

2017年10月8日日曜日

良寛さんを巡る旅~出雲崎、燕、長岡~

何故か良寛さんに会いたくなって行ってきました。
子供に語る良寛さん。

後ろから。

後ろから2。

綺麗。

実は先日の米沢旅行で上杉鷹山と良寛は同じ時代を生きていたなんて話を聞いたんだよね。

いやその前にも先日の明和義人祭で知り合いのおじいさんに「ここで休んでいきな」なんて良寛ゆかりの休憩所に誘われたのもあった。

そんな訳で興味が湧きました。