2017年9月19日火曜日

【きみさんぽ】米沢観光 上杉謙信、上杉景勝、上杉鷹山、直江兼続、前田慶次を想う

米沢観光してきました。

上杉鷹山公と。扇子を持ってこのポーズがしたかった笑

上杉鷹山公
上杉謙信公。

天地人の上杉景勝、直江兼続。

軍神として名を馳せた越後の虎、上杉謙信。
その息子、上杉景勝はお家騒動の後、豊臣秀吉の命によって、会津藩に移封されます。120万石の加増でした。
しかし、関ヶ原の戦いで徳川家康と敵対したため、お家存続は許されますが、30万石の米沢へ減封されてしまいます。
しかし、景勝は、減封されても家臣をリストラしませんでした。これは一見、美談に見えます。
しかし、そのせいで藩の財政が圧迫。借金も膨らみ破綻寸前に追い込まれます。
そこに現れたのが上杉鷹山公。彼の倹約や産業振興で、何とか藩を立て直す事ができました。

今の時代。このような鷹山公の精神が、再び必要なのではないでしょうか?
身を切る改革の出来ない政治家、役人。鷹山公をみならってほしい。

「為せば成る 為さねば成らぬ なにごとも 成らぬは人の 為さぬなりけり」
である。

そんな中、公務員の給与を削減すると言って、3万円で市議選に出た僕は、鷹山公の意志を受け継いでいるかもしれない。

その思想は映画「ニート選挙」に込めた。
これもいずれ、美しい昔話になって語り継がれるかもしれない笑
前田慶次みたいに傾いてるしねw
上杉謙信公

上杉家の墓

鷹山公の墓

直江兼続夫妻の墓

前田慶次ゆかりの里

前田慶次供養塔。無苦庵は跡地しかありませんでした。

2017年9月15日金曜日

北方文化博物館見学

北方文化博物館見学。




新潟で栄華を誇った豪農の伊藤文吉が、戦後、GHQの農地改革により土地、屋敷を奪われる事に。

しかし、文吉と担当官のラルフが同じペンシルバニア大学出身であった事から、特別な計らいで博物館として残される事になったという。

立派な建物だったし、貴重な展示物もあったし、団体客は日本人も中国人も居て賑わってました。

逸話も美談に聞こえるし、新潟の名所としては良いんじゃないでしょうか?

でも僕は別な事を考えてしまった。

2017年9月4日月曜日

【小説完成!】

はい。というわけで、4月24日の小説執筆宣言から約4ヶ月。ついに小説が完成しました。(宣言では2ヶ月と言っていたけど難しかった笑)

文字数約12万文字。400字詰め原稿用紙約350枚の大作です。

これからちょっと寝かせて、違和感のある言い回しとか修正したら文学賞に応募したいと思います。

何か芸能ニュースではビートたけしや爆笑問題の太田が文学賞を狙ってるなんて話がありましたが、強力なライバルですね笑

いやーしかしやり遂げたという達成感があります。

震災から6年経って、そこで初めて人生を振り返れるという事もあるんじゃないかな?

貴重な記録。そして人類へのメッセージになるかどうか。

どう評価されるかな?

とりあえず、、、お疲れ自分 笑

2017年7月27日木曜日

【悲報】鈴木氏の小説、250枚に収まらず!狙う賞は文學界新人賞でもなく、群像新人文学賞でもなく、文藝賞なのか?!

今書いてる小説が5万文字を超えたんですが、前から超気になってる事があったので出版社に電話しました。

僕「すみません。文学賞の枚数なんですが、250枚以内って400×250で10万文字ということじゃなくて、段落とか整形して250枚ですか?」

担当「(こいつ何言ってんだ)…整形してです」

やばい!ずっと文字数で考えてた!笑

2017年7月1日土曜日

ナマラエンターテインメント宗教ハラスメント問題の続き

えー、新潟のお笑い芸能事務所ナマラエンターテインメントによる宗教ハラスメント問題の続きです。

簡単に説明すると、「芸能人になれますよ」という甘い言葉を信じて入ろうとしたら、「交換条件として宗教に入れ」と言われたという話ですね。

これまでの経緯はこちら↓
新潟のお笑い集団NAMARAに入ろうとしたらマネージャーから強烈な宗教勧誘を受けた話

それで2017年2月の話なんですが、このブログをみた元マネージャーのHから
「ブログを削除して欲しい」
とメールが来たのです。

2017年6月10日土曜日

沼垂テラス商店街再生ものがたり講演会に行ってきました。

沼垂テラス商店街再生ものがたり講演会行ってきました。

ここはシャッター通りの商店街が再生され、地域再生大賞の準大賞を取った所です。

それと同時に映画「ニート選挙」のロケ候補地となった思い出の場所ですね笑(PVだけは撮ったものの、総合的には向かいの墓場が写ってしまうので断念しました)

2017年3月24日金曜日

古町演芸場初観劇 橘小竜丸劇団 橘鈴丸さまラブ(*´ω`*)

新潟に来て3年なんだけど、古町演芸場は行ってないなーと思い、突然予備知識なしに行ってみました。

橘鈴丸ちゃんと古町演芸場前にて

金曜日は「観劇の日」ということで通常1800円の所、1000円で観れました。ナイスタイミング。

電話予約していたので最前列の花道の側。多分一番良い席です。